幕総クラブについて

当クラブの理念や魅力をお伝えします。

1. スポーツ文化を浸透する

2. 学校を地域に社会に開放する

3. 地域で活躍する人材の育成

スポーツ文化がこれからの社会を豊かにする。

元々は「試合に出れる子を増やしたい」思いで立ち上げた、FC幕張のU-18チーム。母体である「NPO法人幕総クラブ」は、学校と地域の連携を促す活動を行なっています。幕総クラブが、学校の施設を利用し、教員、生徒とともに活動を行うことで、地域の皆様との接点が生まれ、学校と地域が刺激をし合う、良い環境になるという理念を元に「地域チーム」「教室」「イベント」の3つの活動を中心に行なっています。

「地域チーム」

住民のみんながコミュニケーションをとる際に話題になるような、地域を愛し、地域に愛される

チームを目指して活動しています。

「スポーツ普及活動」

スポーツに触れて楽しさを覚えてもらうことから始まり、スポーツを通して人生に大切なことを学んでもらいたいと考えています。また、同時に学校の設備を利用したり、OBやコーチなどに協力してもらうことで学校と地域をつなぐ橋渡しを担っています。

「イベント」

チームやスクールの発表の場であるととともに、地域との関わり、世代を超えて交流してもらうことを目的に行なっています。これらの活動を通すことで、「人と人とが繋がり」、「人と街がつながり」、「人と街が成長できる」環境を作り上げています。

そのために、地域や住民の方々が気楽に参加できる「イベント」を開催し、みんなで協力して作り上げていく「幕総クラブ」を目指しています。
​最終的には、「一人一人が笑顔で過ごせる街」を作り上げたいと考えております。

スポーツ文化を浸透する

スポーツを「行う」だけでなく「運営」や「観戦」など、スポーツの様々な魅力を知ってもらい、もっと身近にすることで、みなさまの健康やコミュニケーションの質を高めます。

学校を地域に社会に開放する

街と学校が一緒になって賑わえば、地域が住民が元気になります。学校の施設を解放し、利用してもらうことで、身近に感じてもらい、街の活性化へと結びつけます。

地域で活躍する人材の育成

様々なスポーツを通し、異世代間のコミュニケーション力を中心に育成を育みます。学生はもちろん、社会人も組織の中心となり動いてもらうことで人間力の育成を行います。